先輩保健師の声

在宅保健師は皆さんの身近ないろいろな場所で、実は活動に従事しています。
働く場所は、大きく分けると2つです。
先ず、特定保健指導などのWeb面談活動。
二つ目はスポット的な地元での活動。
ここでは、実際に在宅保健師としてWeb面談を行っている方の声を紹介します。

求められる保健師

私は、仕事だけでなく自分の幸せも考えながら仕事をしていきたいという考えから在宅保健師を選びました。
これまで保健師として様々な業務を経験してきました。
現在は多くの企業から仕事を引き受け在宅保健師として仕事をしています。
毎日、育児をしながら、自分の経験を活かせることは楽しいです。
仕事の内容は、介護職への講師活動、保健指導などのWeb面談、健康相談施設での相談業務やアドバイス等です。
在宅保健師は対象者と時間を共有し、共に、悲しみ、喜ぶことができる仕事です。
地味な仕事ではありますが、奥は深く、やりがいを感じ、楽しみながら毎日働いています。

Copyright (c) 2017 Occupational&public health nurse Inc. All Rights Reserved.