社会の変化と開業看護師の関係

求められる開業看護師

開業看護師の主な仕事は、「看護を頼みたいときに看護を提供すること」。
看護師が「医療機関等の中でだけ看護を提供する」であるのに対し、箱以外に重点を置いているのが特徴です。
近年この開業看護師がさまざまな場所で求められているのをご存じでしょうか?
こちらでは、開業看護師の仕事をお伝えするとともに、そのニーズについても詳しくご紹介します。

開業看護師の仕事

開業看護師は代表的なものとして、医療機関等に在籍して看護を行う「看護師」と、自由に契約して看護知識等を提供していく「開業看護師」があります。どちらも1人ひとりの個別性を重んじ、親身になって看護を行います。

看護師

医療機関内で医師と共に医療現場で活動しています。

開業看護師

直接依頼されることが少ない看護師の仕事ですが、開業看護師であればいつでも看護需要にしっかり対応できます。まさに「高齢化社会での対象者を守る」開業看護師は、人々の生活に欠かせない存在となっているのです。

この「看護師」「開業看護師」以外にも、大学において学生や教職員の指導にあたることや、介護施設や医療機関への勤務などもあります。

看護師の需要拡大

社会的に非常に重要な役割を持つ開業看護師。
現在、全国各地で急激にその働き方が求められつつあります。
その背景には「高齢社会」「医療制度改革」という2つの大きな要因があるのです。

高齢社会による需要拡大

我が国の高齢化は進み、今や国民の4人に1人は65歳以上の高齢者であるといわれています。これに伴って、高齢者の在宅介護ケアや介護福祉施設、特定施設入所者における開業看護師の需要が想像以上に当てはまりつつある働き方なのです。今後団塊の世代が高齢者となることを踏まえると看護の需要供給はアンバランスを起こしかねないとまで言われています。

医療制度改革による需要拡大

介護報酬や医療報酬は頻繁に改訂されており、ケア人材不足はもはや上流から下流へ流れる水のごとく迫ってきております。企業側は人材不足解消の切り札として開業看護師による始動が広く求められるようとしています。

上記のような流れを受け、長年看護を提供してきた看護師からはその問題を自らの力を活かすことで乗り切ろうと活動が活発化しつつあります。
フットワークが軽い開業看護師は、今や全国各地で強く求められてきている存在なのです。

Copyright (c) 2017 Occupational&public health nurse Inc. All Rights Reserved.