お仕事選びのポイント

仕事はここで見極める

在宅保健師として活動するにあたって、どのような仕事を選べばよいのでしょうか?在宅保健師としてのスキルを十分に活かせるために、以下のポイントを確認しましょう。

1.在宅保健師業務依頼の経緯

どのような業務を在宅保健師に依頼するのか?会社に出向かなくても行える内容なのかもしっかり確認します。

2.在宅保健師でなければならない理由

回答が得られなかったりするかもしれませんが、できるだけ確認しておきましょう。全国的に事業所があるや交通費圧縮などが理由としてあげられる可能性はあります。

3.必要とされるスキル

今までの経験が一番のスキルになりますので、在宅で活動する時にはこの点を考慮しましょう。

4.業務内容

業務内容が保健指導だけでなくメンタルヘルスの場合もあるのでよく確認しましょう。また、専門分野ばかりでなく事務仕事が入る場合もあります。具体的な業務内容を確認しましょう。

5.企業側の委託内容、目的

「時代の流れを受けて在宅保健師を活用する」などと目的が不明確な場合も少なくありません。在宅保健師活用に対するしっかりとした目的意識を持った事業であるかを確認しましょう。

Copyright (c) 2017 Occupational&public health nurse Inc. All Rights Reserved.