在宅保健師について

在宅保健師の雇用形態

在宅保健師の働き方は実にさまざまで、多くの場面で活躍しています。

非常勤の仕事

直接雇用で時給ですが、仕事としては不定期で、活動内容と自分のスケジュールに合わせて仕事に就きます。

嘱託契約

専門職として嘱託で契約をしている場合、その待遇内容は企業の考え方によります。
時給よりは年俸制が多いです。
待遇は在宅保健師の活動内容と時間により違ってきますが、フル活動する在宅保健師にとって時間に見合う報酬としては常勤よりも好んで用いられる傾向にあります。

派遣社員として仕事をされる場合

派遣社員

派遣先企業で活動し、多くは週数日勤務です。また、単発的な仕事も多々あります。
報酬は時給制が採られ、一般の事務職よりはかなり高めに設定されています。                             活動時間、日数を選択でき、活動すれば報酬が得られる点、空いている日に入れることのできる働き方です。

健診機関などで働く場合

健診機関勤務

健診機関における在宅保健師の仕事は、保健指導が中心になります。仕事の時間は利用者数で異なります。
また、健診機関でも特定保健指導を行っているところではその業務を実施しています。

無床診療所

スポット的に特定保健指導を行うことがあります。

有床診療所

有床診療所でも外来で特定保健指導をしているところでは、依頼があれば実施します。
またご経験により健診業務なども依頼されることもあります。

老人などの施設

非常勤勤務があります。介護職への研修講師が盛んに行われています。
また在宅保健師の居住地近くであれば、スポット的に講師を行うことができます。

訪問指導の仕事の場合

訪問指導の仕事

利用者宅へ訪問しての仕事があります。色々な場所に出向いたり、1日の時間的な計画を立てて行えるため、家庭と仕事の両立を目指す方にはお勧めです。

詳しい業務内容や報酬のことはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら>>

Copyright (c) 2017 Occupational&public health nurse Inc. All Rights Reserved.