ある保健師の一日の仕事

在宅保健師の仕事

在宅保健師は、一日をどのように過ごすのでしょう?

相談中心の業務だけかと思ったら大間違い。実は事務的な仕事もバリバリこなし、電話応対も丁寧に行います。
在宅保健師は「単なる保健師」ではなく、「よりよい健康管理」を目指しトータルプランをしっかりと作り上げていくのです。
以下では、「ある在宅保健師の一日の仕事」をご紹介します。

<ある在宅保健師さんの一日の主な流れ>

  • ◆7時00分 自宅にて今日の予定を確認。
  • ◆9時00分 予約者とWeb面談開始。

    業務上での不調により相談を受ける。

    「現状で必要と思われる内容と今後の健康管理はどうしたらいいか」とのこと。
  • ◆10時00分 面談終了。記録整理。

    業務内容から身体への影響を考慮し、次回計画を考える。
    「時間管理と体調を考慮して仕事を進めていくこと」を提案。
    こちらから本人にメールし、本日の状況や会社サポートの必要性、個人情報についてはどこまで開示して話をしてよいか確認を取り、次回面談の約束を取る。

  • ◆11時00分~14時00分 家事および昼食
  • ◆14時30分 子どもの迎い
  • ◆15時00分 帰宅後、子どもとの時間および夕食準備
  • ◆20時30分 明日の講師活動のための準備開始

    特に、最新の医療看護情報収集および法令通知などの検索。パワーポイントでの資料作成など。

  • ◆21時00分 終了
Copyright (c) 2017 Occupational&public health nurse Inc. All Rights Reserved.