保健師について

保健師とは、「厚生労働大臣の免許を受けて、保健指導を行うことを業とする者」とされています。
看護大学などを卒業して保健師国家試験に合格して得ることのできる国家資格です。

法律上での業務だけでなく、保健師としての知識(医学的知識)を用い、現在ではさまざまな場で活躍しています。今後は高齢社会の加速や働き方改革によってさらに需要が広がると見られています。

保健師は、これからは在宅という形で力を発揮していく、特に地域において他の職種とともに地域保健を展開していく上で欠かせない存在であります。
現代社会には欠かせない職業なのです。

社会の変化と在宅保健師の関係

今後需要が拡大する「在宅保健師」の仕事。その背景にあるのは?

詳しくはこちら

保健師の仕事内容

仕事内容を「職域系」と「地域系」に分けてご紹介します。

詳しくはこちら

ある在宅保健師の一日の仕事

ある在宅保健師の一日の仕事を詳しくご紹介します。

詳しくはこちら

待遇について

待遇を、雇用時代と在宅での仕事まで一挙にご紹介します。

詳しくはこちら

受注先の企業選択のポイント

あなたのスキルを十分に活かすため、受注先の企業は入念に選びましょう。

詳しくはこちら

エントリーから受注までの流れ

当サイト監修の「ほけんし株式会社」を通して受注する場合の流れを
こちらで確認いただけます。

詳しくはこちら

Copyright (c) 2017 Occupational&public health nurse Inc. All Rights Reserved.